スペイングランプリ観戦ツアー

スペイングランプリの特徴やコースについて知ろう

スペイングランプリの特徴

ドライバー

スペインで開催されるグランプリは年二回

F1グランプリの開催は一つの国で年二回は開催できないのが原則なのだが、スペインだけは違うのです。一般にスペイングランプリと呼ばれるものはバルセロナのカタロニア・サーキットで開催されます。もうひとつはバレンシアで開催され、そちらはヨーロッパグランプリと呼ばれているのです。

カタロニア・サーキットの特徴

カタロニア・サーキットで優秀なマシンはどのグランプリでも優秀というのがF1界の共通認識です。カタロニア・サーキットには長いストレートに加え、高速、低速などのコーナーがバランスよく配置されています。マシンの性能が勝敗に大きく関わってくるのです。高低差があるのも特徴のひとつ。

各チームが万全の対策で挑む

カタロニア・サーキットはシーズン前のテストで使用されるので、各チームがコースについて多くのデータを保有しており、対策万全の状態でレースに挑みます。対策や開発力も試されるレースなのです。

安定しない風向き

スペイングランプリの特徴として、不安定な風向きがあります。そういった理由から、少しでも調整を誤ると、当日のレースで上手く操作できないという事態に陥ってしまいます。

コース幅が狭い

コースの幅が狭いのでオーバーテイク(追い越し)が難しいコースといえます。そういった面でも、マシンとドライバーとチームの総合力が問われるのがスペイングランプリの特徴なのです。

芸術の国スペイン

スペイングランプリ観戦ツアーへ行くのであれば、スペインの芸術に関しても少し勉強していくと楽しめますよ。ダリ、ピカソ、ガウディなど、世界に革命を起こした芸術家が生まれたのがスペインなのです。

広告募集中